ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

<医療裁判、難病、ガン、うつ病まで>家族がバラバラになるまでの10年間

「家族で仲が悪い」

「兄貴とは全く話さない」

 

高校生の頃までは、「えっ、何で家族で仲が悪いの」と思わずにはいられなかった。

だけど今なら理解できる。

 

うちの家族はバラバラだ。

昔はかなり仲がよかった。

せっかくなので、ここまで亀裂が入った軌跡を書いてみる。

 

この話は「父の死」から始まる。

父は不運にも手術の途中で亡くなってしまった。私が高校1年生の時だった。

端折って説明すると、とても難しい手術を受けた。

しかし、手術に関する医師の説明が不足していたり、手術に同意する前から手術の準備として点滴が始められたり、医療過誤が疑われる事柄が多々起こっていた。

医療過誤の裁判で勝つことはかなり難しく、10人ぐらいの弁護士に相談して全て断られた。ようやく引き受けてくれる弁護士が見つかったが、1年ぐらい経過した頃に「すまん、やっぱりできへん」と言われた。

ただのクズ弁護士なのか、病院側と組んで時効の時間稼ぎをしていたのかは分からないが、とにかく頼りにしていた弁護士が居なくなった。

 

普通の人だったら引き下がるところ、母は自分で訴訟を起こすことにした。

 

母は家でカルテとにらめっこする日々を始める。

病院側と「手術、父の死」の話し合いの際は録音をした。裁判に向けて、録音内容を文字起こしする際は、当時高校1、2年生だった私も手伝った。中学3年生ぐらいの弟もたまに手伝っていた。

 

父の死だけでも悲しかったのに加え、「手術内容や医師の不透明な説明」を文字起こしのために繰り返して聞く作業は、精神的にかなりきつかった。

そんなこんなで、詳しくは思い出せないが、4,5年かかって最高裁まで裁判は続いた。結果は敗訴。

母は観光学に関する専門学校を卒業しただけなので、医療に関する知識なんて何一つ持っていない。おまけに、母の母語は日本語ではないので、大きなバインダーが5つ分にもなる膨大な量のカルテを読み込むのはかなり苦労したはずだ。素人ながらに、訴状を作成したり、その他諸々の書類作成から何から何まで全部やっていた。専門用語を調べながらカルテを読み解き、意味が分からないものは私と弟に確認しながら読み進める。

 

「旦那が亡くなった本当の理由を解明したい」という一心でこんな骨の折れる作業を4年以上も続けていた。

 

その間、母は仕事をしていない。貯金を大切に使いながら過ごす日々が続いた。今思えばこんな状況で私立の高校に通わせてもらっていたなんて、親不孝だった。

母が行っていることの意義は感じながらも「そんな大きな問題に取り組まず、普通に生活したい」と思い続けている自分もいた。

裁判の第一審、第二審で敗訴した時も「こんな生活はやめたい。父が亡くなったのは悔しいけど、普通に生きたい。頭がおかしくなりそうだ」と何度も喧嘩をした。私の心は母から段々と離れていった。ここまで裁判を続ける母が悪者のように見えていった。

 

高校時代は、学校のカウンセリングを定期的に利用した。

「父との死別」は友達と共有し、共感を得られるような話題ではない。更に医療裁判を起こしていることなんて、友達に言ったところで何も変わらない。

しかし、悲しみや苦しみはどこかで吐き出さないと生きていける気がしなかった。かと言って、家で泣くわけにもいかない。家では母がカルテとにらめっこし、果敢にも病院と戦おうとしているのだ。

この時のカウンセラーさんには本当に感謝している。素直に自分の気持ちを吐き出し、大泣きできた唯一の場所だった。

 

高校三年生、大学進学を考え始める頃。学部は迷わず「法学部」を志望した。第3希望ぐらいの私立大学に入学し、入学当初から将来について考えて行動を始めた。高校、大学と私立に進み、どこまでも親不孝者なのか。

 

一方で弟は、迷わず医学部を志望する。弟なりに考えがあったのかもしれないが、家にはお金が無かった。私も複数の奨学金を使って大学に進学していた。

そんな弟は国立の医学部ではなく、私立の医学部を目指すと言っていた。一般的な私大の卒業までの学費が500万と言われている中、私立医学部は、3000万円~といわれる高さである。

「普通の大学にしろ」という話をすると弟は怒り出す。この頃から私は弟と仲が悪くなった。

 

私が大学に入学してからも医療裁判は続いていた。

「大学」という新しい場所で私の気持ちは少しずつ明るくなっていった。塾講師のバイトをし、書籍代や携帯代を払う。サークルではよく「飲み会」をしていたが、そんな場所に行く余裕なんてなかった。1年生の頃は、友達と夜ご飯を食べたことは3回あるかないか。サークルの夏合宿も6万円ぐらいかかるとのことで欠席。すぐに辞めた。

 

「弁護士」を夢見て法学部に入学するものの、当時は「大学院に進学しないと弁護士になれない」というルールができつつある時代だった。(現在は、予備試験合格者が弁護士になるための司法試験を受験できるようなルールになっている)

大学院の学費に加え、一般的に司法試験を受けるためには、大学院とは別に塾に通う必要もあると言われていた。(大学院の勉強内容と司法試験の内容が異なるため)

金銭手的なこと、自分の知能、弁護士ができること、など色々考えた結果、弁護士はやめて普通に就職することを選んだ。

何せ、家の貯金が底をつきそうだったから。

 

とは言え、金を理由に自分がやりたいことを諦めることは自分にとっても良くないし、就活の際にもよくないと判断し、「留学」を決意する。

当時のバイト代を全て、TOEFLの受験料、書籍代に費やした。留学という夢のために20万円ぐらい使ったかもしれない。図書館で夜遅くまで勉強していた時の夕飯は家から持っていったおにぎりと50円の味噌汁で済ませていた。

夏場には油断しておにぎりが腐りかけていたこともあった。

 

ただし、バイト代を稼いで生活費を家に入れたことは無い。私もかなり自分勝手だった。こんな私を見て家族の心も私から離れていったのかもしれない。

 

弟は高校進学時に「医学部を目指す人のための特別なクラス」に入る。しかし、大学受験で一番肝心な高校3年生の頃に「クローン病」という難病にかかる。安倍総理もかかっている潰瘍性大腸炎と似たような病気だ。

腸が荒れ、高熱が続き、入退院を2回ほど繰り返す。落ち着いた頃に退院するが、「普通のご飯」が食べられず、信じられないくらい不味い流動食を飲み続ける日々が続く。

集中して勉強できるわけもなく、志望校には落ちる。

 

しかし、諦めずに医学部を志望し続ける。ここで私は「お金も体力も考えて、普通の大学に行けよ」と言い、いつも弟と喧嘩をする。浪人中、最初の2年は予備校にも通っていた。お金は教育ローンで賄い、今でも母がこのローンを払い続けている。医学部進学について、家族で何回も喧嘩をした。多浪を重ね、今では何浪なのか数えられない。

 

そんなこんな状況の中、英語の勉強を続けた結果、大学の交換留学制度で1年間留学できることが決まった。留学の費用は日本学生支援機構の「貸与奨学金」でまかなう。

しかし、留学が決まってから気持ちが沈むようになった。

私は心療内科に通いはじめた。病院の先生には「死別からうつ病になることは珍しいことではない」と言われ、少し安心した。

 

母は仕事を再開した。以前の仕事を辞め、慣れない販売の仕事を始めた。留学の前に、家の洗濯機が壊れたので、留学で家を空ける代わりに洗濯機をプレゼントした。

 

私の留学中、母は販売の仕事を順調にしていた。しかし、販売仲間に100万円をだまし取れてしまう。母は販売の仕事を辞め、別の場所で販売の仕事を始める。別の販売の仕事でも地味な嫌がらせを受けて辞める。その後は飲食でのバイトを始めるが、セクハラがあり辞める。その後は宅配便の事務の仕事を始める。

 

留学は私の人生を大きく変えた。他の人よりもお金(奨学金)と時間はかかったが、このお陰で今の職場で働いている自分がいるし、生きる上で大きな自信となった。気持ちも強くなり、心療内科に通うことは無くなった。この決断は絶対に間違っていなかったと自信を持って言える。

一方で、留学に来るような人と自分の境遇との違いに肩身の狭い思いもする。皆、驚くほど金持ちだった。親が一部上場企業の役員だったり、商社だったり、地方の上級公務員だったり、という人だらけだった。こういう人たちと一緒にいて私の価値観も変わってしまったのかもしれない。

 

そんな留学を経て、無事に働きたかったところから内定をもらう。

大学卒業間近、母が新しい事務の仕事に慣れ始めた。私がバイトで貯めたお金で、母と二人で1泊2日の箱根旅行へ出かけた。「今から少しずつ恩返ししていこう」と思っていたので、こうした旅行ができてとても嬉しかった。

 

私が入社して1か月が経ち、母の卵巣にガンが見つかる。私は新しい職場に慣れていない時期で、父との死別がフラッシュバックし、精神的にかなり落ち込んでいた。病院選びを慎重に行い、手術は何事もなく終わったが、母は体調を崩す日が増えた。

 

私の社会人2年目の夏、母は仕事をやめる。職場の陰湿ないじめが原因だった。

社会人になってから家にお金は入れていたが、その額が段々と増えていく。母の貯金もさすがに尽きる。

家には浪人生の弟がいる。

段々と私の不満が溜まっていった。

母は、家に引きこもるようになった。人と話すのを嫌うようになった。外で仕事をすることを考えなくなった。

「お母さんもお母さんなりに考えているの」と言い続けて一年以上経った。体調が悪い訳ではないが、ずっと家にいる。

 

こうして書いてみるとこの10年間、我が家には色んな事がありすぎた。

ここに書いていないことがまだまだ沢山ある。

 

父が亡くなってから私の家族は3人だけ。

親戚も遠くにいるので、頼りになるのはこの3人だけ。

3人で背負うにはどの問題も重かった。

更に3人とも驚くほど自分のやりたいことに忠実だ。

 

私に至っては、かなり我がままなので、こんな家を出て独り暮らしをしたいと思っている。

弟が医学部を目指すのは現実離れしていて、普通の大学に通って欲しいと思い続けてきた。弟は私を恨んでいる。「医学部を目指すなら自分で使うお金は自分で賄え、バイトをしろ」と言ったことを恨み続けている。今でも「医学部を志望する人は普通バイトしない。あの時バイトしろって言ったお前のせいで勉強もろくにできなかった」と言われる。

 

私立の高校、私立の大学(奨学金)に行かせてもらったので、本当は親にもっと恩返しすべきなのだろう。しかし、「光熱費、食費を出しているのだがら十分だろう」と思っている自分がいる。更に「母も元気なうちに少しで良いから働けばいいのに」と思ってしまう自分もいる。

 

母と弟から見ると私はかなり我がままだ。

「そんなに稼いでるのに家にお金を入れるのがそんなに惜しいのか。全部自分で使いたいんだろう」

私の普段の態度が彼らを奴隷のように扱っているらしい。

 

私は私なりに家族に気を遣ったつもりだった。去年は3人で北海道旅行へ行き、今年は母と金沢旅行へ行った。二人の誕生日には美味しいものも食べに行った。

こういうことをしている時の私は、態度がでかいらしい。

 

「何でこれくらい我慢できないの。家族を養うのがそんなに勿体ないことなの?」と言われ続けてきた。

 今年は弟の最後の医学部受験だ。「入学金はどこから湧き出すのだろうか」とふと考えると落ち着かない。

心が狭いので、これ以上我慢できない。

今年も何度か喧嘩をしている。

2人は私に家を出て行って欲しいと言っている。

 

 

もし父が生きていたら、ここまでバラバラになっていただろうか。

頑固な3人。

「うちの家族は普通じゃない。だからこの状況も仕方ない。」と思い続けてきたが、私はいつも「普通の生活」を求めてストレスを感じてしまう。

家族がいれば幸せだと思っていたが、今は2人から離れたい。

「元々家族の仲が悪かった人」から見たら、こんな私は相変わらず我がままなのだろう。

 

こうして、10年かけて家族がバラバラになった。

(314/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

女子大生とご飯を食べてたらブログとビットコインの話で盛り上がった!の巻

今日は女子大生とお昼を一緒に食べてきました。

 

 

会う前にこんな疑問が浮かんできたのです。

 

はて、私が「ゆるふわ女子大生」とご飯食べるのは何故なのか。共通の話題とかあるのか?

歳も離れてるし、共通の話題も特に見つからないし…何で昼に誘われたんだ…

ご飯を食べ始めたらこんな不安は消えました。

 

「ゆるふわ女子大生」の口から発せられる単語!!!

 

アフィリエイト

 

ブログ村ランキング!

 

せどり

 

ビットコイン

 

時間があっという間に過ぎていきました。

おまけに月8万稼ぐ猛者の実例も聞いてブログ運営の何かが少し分かったきもしました。

 

もし、他の話題が最初に出てきたらこんなに会話が弾むことも、共通の話題を見つけて喜ぶこともできなかったはずです。

どんな人と面白い話をできるかは分からない。

 

最初から色々と決めすぎることは良くないですね。

どこに「予想外」が落ちてるなんて誰にも分からないんですから。

 

 

【ヒトリゴト】久々に図書館へ行ってみた。

今日もどうしてもやる気の出ない日だった。(どうしようもねえな)

 

職場の居心地も悪かったのでマストの仕事を片付けて図書館へ向かった。

「経済、円高」の本を2冊読んだらあっという間に2時間経過。

1冊目はつまらなかったので直ぐにやめて、2冊目は「円高は日本にとって実はチャンスなんだ。製造業で儲けるモデルから今は変化の時。米国だってそうだった」という内容の本だった。

中国に関する偏見をぼろくそに書いているので、かなり偏った本にも思えたが本の主張は面白かった。

 

ネットサーフィンをぼーっとするぐらいなら、こうして図書館に寄ってぼーっと本を読む。

覚えようとか大切なことを読み落とさないようにしようとか身構えるのではなく、「軽く読み流す」のに時間を使ってもいいことに気付いた。

 

「本を読む」

どうしても身構えてしまう。

「ちゃんと読まなきゃ」と思ったところで、記憶が持つわけでもない。

 

純粋に「知ること」「読むこと」を楽しむ読書を追求してみよう。

 

 

(311/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

早起きできなかった原因は「貧血」だったから!?!

さーてと。

また都合の良い「言い訳」を書いてしまいます。

自分を擁護するためには筆が止まりません。

 

10月初旬の健康診断の結果が届きました。

昨年と同様にオールAかと思いきや・・・

 

貧血と書かれている

 

ええええ・・・・

確かに10月はとても体調が悪かったです。

だるかったですし、仕事もやる気が出なかったです。

 

何よりも無性に氷をガリガリと食べたくなるのです。昨日も氷を食べていて「寒いのに氷を食べるなんて貧血かな」と思っていました。

鉄欠乏性貧血の場合はバリバリとした食感のもの(氷や硬い煎餅など)を好んで食べる傾向にあり、氷があまりない時代には土壁を食べてしまうという事もありました。

貧血の症状が3分でわかる!知っておくべき7つのポイント|頭痛・吐き気・眠気など

 

 

体調の悪い原因が分かり、ほっとしました。

 

良い機会なので、「貧血の原因」「貧血の症状」「貧血の治療法」についてまとめます。

f:id:ujin11:20171108222047p:plain

貧血=分鉄不足だと思っていましたが、貧血にも色んな種類があるんだそうです。

「鉄分不足」による貧血や、「血液を上手く作れないこと」による貧血などなど・・・

 

とはいえ、貧血の大部分の原因は「鉄分不足」だそうです。

●貧血の主な原因
・鉄や葉酸ビタミンB12の不足
・月経や消化器官の腫瘍
・ガン、痔などによる出血過多によるもの
・妊娠、母乳への鉄移行によるもの
・思春期女子に見られる成長のための血液増加によるもの
・胃切除などにより、鉄吸収不足によるもの

【医師が監修】貧血になってしまう原因とその症状(治療法) Doctors Me(ドクターズミー)

 

鉄分不足の貧血の治療には、鉄分の摂取量を上げます。

鉄分サプリレバーホウレン草など鉄分を多く含む食べ物を食べることで、貧血の治療になります。

 

鉄分の摂取量だけではなく、寝不足が続いている人は、睡眠時間を増やすことも大切です。

寝ている間に鉄分を多く吸収しますので、睡眠時間が足りないと赤血球をたくさん作ることができなくなります。この場合、睡眠時間を改善すれば貧血の症状も治まるでしょう。

【医師が監修】貧血になってしまう原因とその症状(治療法) Doctors Me(ドクターズミー)

 

更に、鉄分の吸収を悪くするタンニンも避けましょう。

タンニンを多く含む飲み物には、コーヒー、緑茶、紅茶の他に煎茶、ウーロン茶等があります。これらは、併せてカフェインも含んでいるので、眠気覚ましに飲んでいると、貧血を改善するどころか貧血を悪化してしまう危険性があります。

貧血による眠気を改善する8つの習慣 | ヘルシーフレンズ

 

紅茶とウーロン茶が鉄分の吸収を妨げていたなんて。最近、ゴクゴク飲んでいたのでショックです。

 

あれ・・・

早起きの原因が「貧血」なんてどこにも書いてないぞ。

どこかで一瞬見た気がしていたのに。

 

「貧血→だるい→朝起きにくい」と勝手に思い込んだのかもしれませんね。

人間は「見たいものを見る」と言われています。

私も自分の都合の良いように物事を捉えようとしているのかもしれません。(黙れw)

 

こうして貧血について少し詳しくなり、早速「貧血改善」に向けてサプリを購入しました。

ディアナチュラ 鉄・葉酸 60粒

ディアナチュラ 鉄・葉酸 60粒

 

葉酸も入っててお得かな?

今日から飲み始めたので効果があるかは全然ワカリマセン。

プラシーボ効果で既に気分は良いです(単純w)

 

700円程度で60日分入っているので、先ずは飲み切ってみます。これで早起きできるようになったら絶対に報告します!

 

(310/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

【美腹へ】筋トレ開始から1週間開始

2日に1回筋トレ続けてます。 

今日は4回目のトレーニングでした。

 

最初はこのメニューだけでギブアップでしたが、

  • フロントブリッジ30秒(インターバル30秒)×2セット
  • 膝つき腕立て伏せ10回×2セット
女子にお腹触ってもらうために、インナーマッスルを鍛えよう - ブロギングなう

 

段々と余裕も出てきたので、今日はこんなメニュー

  • フロントブリッジ30秒(インターバル30秒)×4セット
  • フロントブリッジ 片足10秒(インターバル10秒)×2セット
  • 膝つき腕立て伏せ10回×3セット

 

こんな短期間なのに成果出てるってことですよね!

とても嬉しいです。

ただ、見た目は何も変わってないです。

触った感じも「少し硬い?」と思いたくなる程度。

 

こうして記録してなかったら気付けて無かったはずなので、今後も定期的に記録続けていきます。

 

目指せ美しいお腹!

 

(307/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

【口臭予防】うがい要らず。臭い玉の予防には「〇〇を断つ」が効果あり。

臭い玉に悩んでいる人は藁にも縋る思いでこの記事にたどり着いたことでしょう。

困りますよね・・・

科学的に実証されたものではないので、都市伝説だと思って読んでください。

 

この記事を書いてから2週間が経過しました。

 

臭い玉で悩んでいたのですが、この2週間全く出てこないし、相変わらず口臭が全く気になりません。

 

臭い玉と口臭が改善した理由は何なのか。

 

10月以降、変えた行動はコレくらいです。

  • 炭酸ジュースを飲まなくなった
  • 生姜湯を飲むようになった

生姜湯だけで臭い玉の生成を防げるとは思いませんね・・・

  • 咳が止まった

「咳をし続けていたので、臭い玉ができにくかったのか」と疑いましたが、咳が止まって2週間以上経ちますが、口臭に変化はありません。

  • 仕事でストレスを受けるようになった

仕事のストレスで口臭が改善するわけもないですし

 

「うがい」は口臭予防の方法の一つでよく挙げられますが、以前も今もうがいはしていません。

 

つまり、

 

「炭酸ジュースを毎日1日1本飲む」という習慣を止めたことが口臭改善した理由なのではないかと思っています。

 

科学的な根拠は何も無いのですが、私が変えた行動の中で思い当たるのはコレしかないのです。 

コレが本当だったら世紀の大発見だし、飲料メーカーから抹殺されてしまうのではwwww

 

口臭で悩んでいて、毎日のように砂糖を取っている方がいたら砂糖絶ち是非試してみて欲しいです。

 

アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 500ml×24本

アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 500ml×24本

 

炭酸ジュースではなく、炭酸水であれば飲んでも大丈夫そう 

 

(305/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

【ぶっちゃけ】上司に「めちゃくちゃストレスなんですけどおおお!!」と小声で囁いてみた

さて、今日は台風一過の青空でした。

 

昨日の続きだよん(何キャラ)

 

今日は幸運にも上司と話す機会がありました。

 

一般的なことを話して「何か言いたいことは無いの?」と聞かれて、あのぉ~~~と口を開く前に、「嫌いな仕事ってどれ?」「やっぱり、そろそろ仕事やる気なくなるでしょう?」「やらされてるって思ってない?最近積極性を感じられないんだよね」と超的外れな質問攻めにあいます。

 

こう答えてやりましたよ

  • 嫌いな仕事はない。方針やゴールが不明確なことにストレスを感じることはある。
  • 仕事があるにも関わらず「残業するな」って言われるとやる気がなくなります
  • どの仕事もやらされてるって思っていません。積極的になると残業時間が増えるので、抑えているだけです。

 

そして上司は呟きます「仕事があるなら月〇時間まで残業して良いんだよ!!(ニコッ)」と。

 

はぁああああ!!????HAAAAAA!!??

 

こちとら仕事があって残業してると「何で残業してるの?早く帰りなよ」と言われて続けてきたんだよ。

「仕事があって残業してるのに、「早く帰れ」って言われると早く帰ることしか考えられなくなりますわい!!!!」と囁きます。

上司なので、怒鳴るわけにはいきません。

むしろ、今までのストレスを思い出して涙声です。囁きボイスで壊れそうな心を保ちながら上司に立ち向かいます。

 

そんなこんなで私の想いが少しは伝わったのでしょうか。

上司「あんまり残業するなって言わない方がいいのかなぁ・・・」と呟いていました。

 

昨年も同じような話をした気がするので、この効果が2カ月は続いて欲しいところです。

どれほど理解してくれたのかは定かではありません。

しかし、思っていることを(囁きボイスでしたが)ハッキリと言うと、相手が受け入れてようが、受け入れていまいが、気持ちはスッキリとしました。

 

他の同期の残業状況とか自分なりに裏を取っていたことは心強かったです。

(同期の状況と自分の状況を比較して上司を責めたりはしていません。あくまでも自分の考えに自信を持つためだけ)

こんな時に直ぐに色んなことを教えてくれる同期は本当にありがたい存在だなって思いました。

 

空と同じくらい、自分の気持ちも晴れた気がしました。

(301/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中