ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

「湯シャン」ってやつを始めたよ

Sponserd Link

2年ぐらい前から「湯シャン」の存在を知っていたけど、今更試してみるよ。

 

きっかけは、3日前の金曜日。

「明日は人に会わないし、なんか分からないけどシャンプー使わないで頭洗ってみよう」

 

何がきっかけかは分からない。

突然思い立った。

早速実践。

 

<1日目>

シャンプ-なし、お湯だけで頭を洗う。

髪の毛をかわかす。

うん?私、、ワックス使ってないのに・・・なんかワックス付けたみたいにべとべとする。

 

ベトベトは気になったのだが、髪を乾かしても臭くなかったので安心した。

 

<2日目>

臭くないので安心してお出かけ。

帰宅して湯シャン。

相変わらず、髪の毛がべたべたする。

 

ネットで湯シャンを調べてみて分かった。

このベタベタは、頭皮から出る脂が原因のようだ。

日々のシャンプーによって頭皮の脂が必要以上に流されて、それに対抗するように頭皮から必要以上に脂が出てくるみたい。

 

シャンプーによって頭皮が必要以上に働かされていたなんて・・・と頭皮に申し訳ない気持ちになった。

 

<3日目>

銭湯へ行く。

流石にベトベトしすぎる髪の毛に嫌気がさし、かなり少量のシャンプーで頭を洗った。脂が程よくとれて、サラサラに。

何よりもシャンプーのめちゃくちゃいい匂いがする!!!

 

「湯シャンの方法」というページいよると、湯シャンを始めたばかりは無理をせずに2,3日に1回はシャンプーを使って頭を洗う。慣れてきたら、シャンプーを使う頻度を減らしていけば良いとのこと。

 

<4日目:本日>

湯シャン後に髪を乾かした。

2日前よりベトベトしない。これは、昨日シャンプーしたおかげなのかも。

相変わらず頭は臭くない。

家族に頭を嗅いでもらったけど「特に問題ない」というレベルの臭いらしい。

案外、湯シャンでもそんなに臭くないのかも。

 

 

というわけで!湯シャン生活がスタートしました。

 

職場の人には湯シャンの話はしていません、

人は「偏見」を捨てきれない生き物。

たとえ臭くなかったとしても「シャンプーを使わない人」は臭っているように感じるものです。

いつまで続くかよく分かりませんが、気が向いたらまた湯シャン日記をつけていきたいと思います。

 

ほなば!