ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

職場のストレスや苦しさを解決する方法。あなたに向けられた「ハラスメント」に気付けるか。

Sponserd Link

 

「仕事は嫌いではない。だけど職場に行きたくない!」という方への記事です!

 

職場に行くことが苦痛な人~~!!

  • 仕事そのものが嫌なわけではない。
  • 人と仕事をするのも嫌じゃない。
  • 職場は苦痛でストレスがいっぱい。

上司や先輩からのハラスメントを「叱咤激励」だと思い込み、「私が悪いのかも」と自分を責めている可能性が大!

 

例えば、上司のこんな一言

  • 「へ~。あなたは、先輩に仕事をやらせるんだ。」

しつこく「残業」を禁止し、自分では捌ききれない仕事を先輩に頼んだ時の一言。

決して仕事が遅すぎる訳ではない。いたって普通のレベル。

  • 「あなたは、本当に日本では生きていけないよ。本当にダメだよね。大丈夫?」

本業というより、伝票や出張に関する雑務に関するミスへの一言。大袈裟にもほどがあります。

  • 「貧乏でケチだから外では食べないんだよ」

毎日お弁当を持参していることについてのご発言。人それぞれの経済事情は無視。

  • 「そういうところに平気で座るところがオカシイ」

飲み会の席で上座しか空いてなかったので、仕方なく上座に座った時の一言。オカシイのはどっちですかね。

 

あれ?これは社会では普通のことですか?

いや、私もそう思って入社から3年間、色んなことを言われても笑ってやり過ごしてきました。

だけど、普通に考えたらオカシイですね。

 

皆さんにも思い当たることは、ありませんか?

 

職場では理不尽に耐えろ。それが社会だ。

こんなの、間違っています。

 

あなたが「嫌だ」と感じたらそれは「ハラスメント」です

 

でも、この上司にも良いところがあるんだよな~。

良いところがあるからと言って、その人のハラスメントは帳消しにはなりません。

良いところが一つもない人間なんて存在しません。(たぶん)

 

私たちはどこかで気付いています。

「これはハラスメントなんだ」って。

だけど気付きたくないんです。そんな仕打ちを自分が受けていることを。

職場のトップである上司、自分よりも経験豊富な先輩がそんな酷いことをするはずが無い。

人から傷つけられている、という事実を受け入れることも心の傷になるからです。

 

しかし、ハラスメントを受け入れないと、もっと苦しくなります。

ハラスメントは、「ハラスメントと気付ければ」苦痛は和らぐんです。

 

ハラスメントと気付いていない場合は、相手のハラスメントに無防備なため、普通に傷つきます。「私がいけないんだ」と自分を責めてしまうことも。

しかし、ハラスメントだと気づいている場合は、「あ、またこの人嫌がらせしてきてる」と気付ける。「本当に嫌な奴だな」と、相手を責める

 

ハラスメントをしてくる嫌な奴を責めること、が脱ハラスメントの第一歩です。

全てが解決するわけではありませんが「あなたは悪いくない」、こう思えるだけで心が軽くなります。

 

上司や先輩は尊敬したい対象であり、頼りたい相手でもあります。

だけど、ハラスメントをしてくる奴にロクな奴はいません。

残念ながら、あなたは上司や先輩には恵まれなかった。

ハラスメント野郎(彼ら、彼女ら)をかばうより、先ずは自分を守りましょう。

 

一番大切なのは、自分。

気持ちよく仕事するためには、ハラスメント野郎を毛嫌いすることからはじめてみましょう。