ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

【知らなきゃ損!】過去問・参考書を分割する方法 - 参考書の持ち運びを便利にして快適に勉強するヒント<大学受験、TOEIC・TOEFL・各資格・検定受験者向け>

夏と言えば、受験勉強の天王山。

f:id:ujin11:20170815214439p:plain

受験生だった頃「もっと楽に勉強したい!何でこんなに沢山の本を持ち運ばなきゃいけないの?そうだ!分割しよう!」と参考書と過去問を分割しまくった記憶があります。毎日パンパンだった鞄にも余裕ができて、肩も痛くなくなりました。この便利さを知ってからは、色んな参考書を分割して使うようになりました。

 

この記事では、勉強を快適にする「参考書の分割」を紹介します。

参考書の分割はしたくない?

「本は綺麗に使いたい」という方には「参考書の分割」はありえない!のかもしれません。

f:id:ujin11:20170815214804p:plain

本を購入した目的は「〇〇大学への合格」であったり「〇〇試験合格」。

試験勉強が終わったら転売したいと考えている方、両親に「本は綺麗に使いなさい」と育てられた方も多いですが、本を綺麗に使おうとするばかりに勉強に有効な「線を引く、ページの端を折る」ことを後回しにしていませんか。

f:id:ujin11:20170815215353p:plain

本来の目的を考えれば「本を綺麗に使う」よりも「合格のためには、汚すことも厭わない」という方が正しいのではないでしょうか。参考書分割のメリットを紹介します。

 

参考書を分割するメリット

  • 持ち運びが楽になる

メリットNo.1はこの理由です。

大学受験に限らず、資格勉強であっても何種類もの参考書・過去問を使います。家で勉強するなら問題ないですが、図書館、塾などで勉強する場合は、持ち運びが大変。特に過去問題集はかなり重い。5年~10年分掲載されて500ページを超えるこも珍しくありませんが1日に解けるのはせいぜい1年分です。

500ページが100ページになるだけで持ち運びはかなり便利になります。

 

  • 勉強の決意表明になる(気合) 

精神論です

 

f:id:ujin11:20170815215356p:plain

「本を切る」ことは転売できないことを意味しますし、本を分割したその瞬間から「唯一無二のもの」になり愛着がわきます。参考書の分割によって「勉強への決意」を再確認し、勉強への士気を上げることができます。

 

 

参考書分割のメリット「持ち運びが楽になる」「勉強の決意表明(気合が入る)」の2つを紹介しました。次は、いよいよ参考書分割の方法を紹介します。

 

参考書の分割に必要な道具

分割に必要な道具は3つ。

  1. カッター
  2. アイロン
  3. テープ(製本テープor梱包テープ)

 

オルファ(OLFA) ノンスリップAL型 オートロック式大型カッター 150BG

オルファ(OLFA) ノンスリップAL型 オートロック式大型カッター 

 

 

ニチバン 製本テープ 35mm×10m巻 BK-3535 契約書割印用ホワイト

ニチバン 製本テープ 35mm×10m巻 BK-3535 契約書割印用ホワイト

 

「製本テープ」は近所の100均で販売していることもありますが「製本テープ」が見つからない場合は「梱包テープ」でも問題ありません。

3M スコッチ 梱包テープ プロ仕様 48mm×50m カッター付 375DSN

3M スコッチ 梱包テープ プロ仕様 48mm×50m カッター付 375DSN

 

好きなマスキングテープを張るのも良いですね

TravelTheWorld かわいい マスキングテープ 60個 セット ポップな柄 (1.5cm幅60個)

マスキングテープ

必要な道具、カッター、アイロン、テープを紹介しましたが、最低限必要なものはカッターです。

 

参考書を分割する方法

5ステップで済みます

 (1)本のカバーを外す

 (2)背表紙を外す(アイロンを使うと便利)

 (3)分割したいページをしっかりと折る

 (4) (3)で折った部分をカッターで優しくなぞりながら分割する(何度か繰り返す)

 (5)切った部分を製本テープではる(テープ不要の場合もある)

 

写真で詳しく紹介

f:id:ujin11:20170815221718j:plain

これは3日前に届いたばかりのピカピカホヤホヤの『統計検定 3級・4級 公式問題集

 

(1)本のカバーを外し(2)背表紙を外すためにアイロンをあてます

アイロン設定温度は「」。背表紙と本が糊付けされているため、アイロンでを温めてはがしやすくします。アイロンをせずに無理矢理引きはがすと汚くなるので、アイロンの使用をお勧めします。

f:id:ujin11:20170815221932j:plain

アイロンを主に当てるのは背表紙(写真 水色部分)ですが、背表紙に近い表紙・裏表紙部分写真 黄色部分)にも糊付けされている場合もあるので、2か所にアイロンをあてます。アイロンをあてる時間は5秒~10秒

f:id:ujin11:20170815222655j:plain

きちんと温めれば背表紙は簡単にキレイに取れます。

 

 (3)分割したいページをしっかりと折る  (4) 折った部分をカッターで優しくなぞりながら分割する(何度か繰り返す)

f:id:ujin11:20170815222738j:plain

何度かなぞると切って良い部分が分かってくるので、力を入れながら切ります。

 

 (5)切った部分を製本テープ(テープ不要の場合もある)

f:id:ujin11:20170815222843j:plain

こんな感じで分割完了。

切った部分を製本テープで張るのも良いですが、私は特に気にしないのでこのままにしています。

 

445ページの本を100ページ分だけ持ち運べるようになりました!

f:id:ujin11:20170815222934j:plain

使わない部分の保存はクリアファイルで行っています。特に複数の本を分割した場合、バラバラになってしまうと探す時の手間が増えるので、クリアファイルへの保存がお勧めです。

 

1冊の分割約15分所要。

 

分割に向いている本

 

  • 過去問題集
  • 分厚い参考書
  • 英単語帳

世界史の用語集など、索引を頻繁に使う参考書・用語集分割に向いていないので要注意

 

まとめ

参考書・過去問題集を分割するメリット、分割方法をお届けしました。

私の場合は、大学受験の頃だけではなく、大学生の頃のTOEFLの勉強や、社会人となった今も統計検定の勉強で参考書を分割しています。

f:id:ujin11:20170815223646p:plain

自分に合った方法を見つけて、少しでも快適に勉強できる人が増えますように。

 

(225/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中