ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

【セレブ体験】会員制の六本木ヒルズ「フィフティワン」でランチしてみた。

超お金持ちの生活を少し覗いてみたい!と思っている超ミーハーマンのJINで~す。生まれて初めて「会員制レストラン」に行ったのでレポートします。

 

六本木ヒルズクラブ(会員制)

名前からして強そう・・・

六本木ヒルズ森タワー51 階に位置し、東京の街並みを望む地上230mからの素晴らしい眺望と7 つのレストランと2 つのバーや宴会場を有し、会員制クラブならではの質の高いサービスを提供しています。

個人会員 入会金120万円 入会預託金 50万円 年会費18万円

抜粋元:公式HP ROPPONGI HILLS CLUB

 

1年目は188万円! って、もう意味不明。

 

六本木ヒルズクラブ」の会員になれば六本木ヒルズ51階の7つのレストランと2つのバーラウンジに出入りできるとのこと。

私はアカデミーヒルズの会員だったので、「フィフティワン 」に入れました。

アカデミーヒルズの会員は「土・日の昼フィフティーワンのみ」という条件で利用できます。※ 今回はキャンペーン中だったので、特別に平日の昼に利用できました。

 

※怪しいオトナに連れて行ってもらったわけではありません。(自腹で親を招待しました・・・)

 

フィフティーワン

エレベーターから降りて直ぐ前にあるフロントで予約名と会員証を提示します。そこからレストランへと案内されるので、着いて行きます。

f:id:ujin11:20170915163142j:plain

転載元:六本木ヒルズクラブ | 六本木ヒルズ - Roppongi Hills

 

店の雰囲気

f:id:ujin11:20170915162509j:plain

流石、ハイアットが運営しているだけあって外資系ホテルの雰囲気そのもの。

 

f:id:ujin11:20170915162525j:plain

きた・・・「フォークとナイフ何から使えばいいの問題」。知恵袋に「外側から使う」と書いてあったので安心しました。

 

f:id:ujin11:20170915162515j:plain

夜はもっといい雰囲気なんでしょうね。

 

f:id:ujin11:20170915162518j:plain

※食事中は席も埋まって賑やかでした  

食事

平日は、2100円のコースもしくは2800円のコースがありますが、一生に一度の思い出なので2800円のコースを選択。

食事は前菜、パン、メイン、デザート・紅茶の順番で出てきます。

飲み物の注文も聞かれましたが、アルコールばかりだったので断りました。水か炭酸水をすすめられたので水を注文・・・なんと水が750円

ちなみに「水は有料」とどこにも書かれていません。なんとなく察していたのと美味しかったので問題ないです。

 

フィフティワンサラダ

f:id:ujin11:20170915161231j:plain

ミックスグリーン、オレンジヴィネグレット、ベルジャンエンダイブ、スパイシーハニーピーカン、ドライチェリー、ブラックペッパーチーズ

見慣れない食材ばかりでしたが、美味しかったです。見た目は1000円ランチについてくるサラダとあまり変わりませんが「味は違う。美味しい」と安心して食べました。

f:id:ujin11:20170915161242j:plain

パンもホカホカで美味しいです。

鮮魚のポワレ バルサミコクリーム、アワビ茸、マコモ

f:id:ujin11:20170915161253j:plain

チキンか魚か選べたのですが、オシャレぶって魚にしました。こんな量で足りるのかよと心配していましたが、魚を半分食べる頃にはお腹はパンパン。

シェフの特製デザート

f:id:ujin11:20170915161305j:plain

何がなんだか分からないまま食べましたが、美味しかったです。

お腹いっぱいだったので、30分かけてちびちび食べていたら下げられてしまいました・・・笑

紅茶

f:id:ujin11:20170915161315j:plain

紅茶はポットも出てきました。クッキーもお腹いっぱいで食べれず・・・

コーヒーはカップで出てきますが、1杯目を飲み終えると何も言わなくても2杯目が出てきました。さすがのおもてなしです。

 

お会計&感想

一人3,772円(総計7,544円)!

f:id:ujin11:20170915165640j:plain

(Fuji Mineral)750円、食事2,800円、サービスチャージ 635円

税金559円

サービスチャージ653円だけで普通の昼が食べられますねwwwただ、昼とはいえコース料理だったので2時間半は滞在していました。飲み会に比べると安いものです。

 

若い時は背伸びをしてでも良いものを」と大人からよく聞くので今回のご飯はこういった下心もあって体験してみました。

高そうなワインを飲みながら何か真剣に話しているおじいさん2人、14時頃に来店してお茶している中年女性3人、ソファー席で6名で集まっている「ザ・外資系金融マン」のようなオーラを醸し出している集団、「せっかくだから何か面白いビジネスしたいですよねえ」とスタートアップの話をする2人組。他、資料を見ながら何かを話している人たち複数組。

お手洗いの場所を訪ねたらお手洗いの目の前まで案内してくれるウェイター(恥ずかしい)。水をくださいと言わなくても絶妙のタイミングで水を注いでくれるウェイター(750円のお水・・・)。お手洗いから帰ってくる際も見逃さずに椅子を引いてくれるウェイター。何もいわずともテーブルのパンくずを拭いてくれるウェイター。(ありがとう・・・)

インスタやFacebookに載せるための写真を撮っている人が皆無!ただ、約1名ブログにアップするために無音で写真を撮る輩がいたのは残念でした。

「いつもと違う場所」というだけに、かなり周りを意識して観察しましたが、この経験がどんな風に実を結ぶのかなんて全く分かりません。本当の会員しか入れない他のレストランに行ってみたい気持ちになりましたが、そんな日が訪れるのでしょうか・・・

 

約2時間、いつもとは違う雰囲気で美味しいご飯を楽しめたことは確かです。

 

(256/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中