ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

JAXAの施設開放で「大西宇宙飛行士と話そう」に参加してきた。自由に「夢」を持つことを思い出せてくれた。

今日は「筑波宇宙センター特別公開」に遊びに行ってきました!!!

特別公開のレポを期待してこのページを開かれた方には、期待に沿えない内容であることを予めお断りします。

 

「大西宇宙飛行士の話を聞いて、自由に「夢」を持つことを思い出した」という、かなり個人的な内容の記事です。

f:id:ujin11:20170930221453p:plain

普段入ることの出来ないセキュリティの高い施設内の見学ができ、宇宙研究開発現場の開発員の生の声や宇宙飛行士の講演(事前申込・当日抽選)を聞くことが出来ます。

引用元:9月30日(土)筑波宇宙センター特別公開開催! !(入場無料) | ファン!ファン!JAXA!

 

JAXAの施設に入れるだけでワクワク。

事前の申し込みや当日回るルートを何も考えずにふらっと訪れましたが、想像以上の人の多さに圧倒されて「列に並ぶ、列が長くて諦める」を続けてしまいました。

会場の雰囲気だけでも十分楽しめたのですが、ダメ元で申し込んだ「大西宇宙飛行士と話そう」の当日抽選に運よく当選!!!

宇宙飛行士入門 (入門百科プラス)

宇宙飛行士入門 (入門百科プラス)

 

 

「日頃の行いが・・・」って呟いたら友達に無視されました。(厳しいっ)

「大西宇宙飛行士って誰や!」という方は、ぜひコレ→大西卓哉 - Wikipediaを読んでください。

 

宇宙飛行士講演「大西宇宙飛行士と話そう」(30分間)は3部構成でした。

・自己紹介、宇宙飛行士としての生活・宇宙活動の概要(10分)

・宇宙での生活(4分)

・質問タイム(15分)

 

質問タイムでは、ちびっ子が色んな面白い質問をしていて大変勉強になりました。

約2年前の同コンテンツ「大西卓哉宇宙飛行士と話そう」。内容は異なりますが、雰囲気は伝わってきます。

今日の話を聞いた後にこの動画を見つけました。

 

なんと・・・

こんなことを言うのは恐縮ですが・・・

 

話すの上手くなってるwww

はい。余計なことを言いました。(反省)

 

本日の大西さん、まろやかな語り口調でニコニコして話されていました。

この動画も十分魅力的ですが、もっと魅力が溢れてました。

もう。メロメロです。

 

一緒に行った友達が「結婚するなら大西さんだな」と言ってました。

オイお前!彼氏いるやろうが!!!

大西さん既婚者だし、謎の上から目線wwww

 

私は仕事柄、色んな業界で働く人の話を聞く機会がありますが、「宇宙飛行士」という職業は、所謂「職業」ではないと感じました。

食うための仕事(ライスワーク)では無いという意味です。

 

宇宙飛行士は、正に「夢」を実現しています。

 

私も「夢」がありました。

パイロットになりたい」

目も体も悪いので「パイロット」になれないことは、中学生ながらに気付いていました。「パイロットでなくても、設計士や整備士という形でいいから飛行機に近づきたい。」とを叶えたい一心で、航空工学を学べる全寮制の高校に進学しました。

 

そうした思いを持ってワクワク過ごしていた高校1年生の秋、

父が亡くなりワクワクが消えました。

 

死別の悲しさに加えて、死因に複雑な問題が絡んでいたこともあり、寮生活を中断し、実家に帰りました。

大きな悲しみに加えて問題な複雑さ、社会の汚さも見せつけられ、いつの間にか「夢を追いかけること」を忘れます。

 

くらーい高校3年間を過ごし、ネガティブな気持ちのまま大学生活がスタート。

高校時代から学校のカウンセラーさんにお世話になり、大学時代には心療内科に通うぐらい、落ち込みます。

 

大学時代には、人生の「目標」は何となく見つけたものの、相変わらず「夢」を持つことには消極的でした。

いつの間にか「夢を追いかけること」はトラウマに。

 

 

ただ、父との死別から10年以上が過ぎ、悲しみからも良い距離をとれるようになりました。そんなタイミングで大西宇宙飛行士の話を聞き、純粋に「夢を追いかける良さ」を思い出しました。

 

JAXAの施設から帰る途中、こんなキーワードが頭に浮かびました。

 

 

「目標」ではなく「夢」を追いかける人生を。

人生は一度きり。 

 

 

「宇宙いぇええええーーい!」という単純な日になることを想像していましたが・・・

やっぱり、宇宙飛行士ってすごい。

 (271/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中