ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

「どれだけ強く願うか」が大切な気がしてきた。

Sponserd Link

やりたいことをするためには、どうすれば良いのか。

「将来はカフェを開きたい」と言いつつも本気で思っていない人が多すぎやしないか。

「やりたい」とは言いながら、「やるための行動」は皆無だったりする。

 

これは、能力があるかどうかの問題ではない。

一般人の能力なんて、大差は無いと思うからだ。

やりたいことをやり遂げる人となんとなーく日々を送っている人、何が違うのか。

 

「絶対にやってやる」とどれだけ強く思っているかどうか、という違いだけに思える。

 

大学受験だって、就職活動だって、どれだけ「合格したいか」と思っているかによる。

どの大学に入っても、私たちは生きていけるし、一定の幸福をつかむことはできる。

仕事にしたって、年休の数がどうとか、ブラック企業だとか何だどか色々あるが、生きてはいける。

 

何をしても生きてはいけるし、最低限の友達はいるし、ご飯を食べることもできる。

そんな環境にいるのに、労力をかけて「もっと良い生活」だったり「やりたいこと」のために行動をすることは、とても面倒なことなんだ。

 

適度な温度の普通の湯船につかっている人が、わざわざ湯船から出る。超高級なお風呂を目指して、100mぐらい寒い思いしながら走る人がどれくらいいるのだろうか。超高級風呂は、湯船がヒノキだったり、お湯の効能が良くて、お肌がすっべすべになるかもしれない。

しかし、普通の湯船でも「十分に気持ちよい、心地よい」のだ。

 

2日前にこの記事を書いてから、何故「稼げる」という明らかなメリットから人々が逃げていくのか、と考えていた。

 

ハングリー精神だったり、「何かしたい」と強く思う力ってのを借りる必要がありそうだ。

 

(355/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中