ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

古い写真を整理してたら「遺児」に興味を持った。

Sponserd Link

アルバムに整理されずに、バラバラとしている写真の束があった。

何年間もビニール袋に乱雑に入っていたが、今日やっと整理してみた。

 

中高の自分の顔を見て「この時からいけてないな」なんて思いながら整理をする。

3歳ぐらいの時の家族写真も出てきた。

父が写っている。

数分間、涙が止まらなかった。

 

父の死をここまでグズグズする自分は異常なのかと思っていた。

しかし、親を亡くした子供は他にもいるはずだし、他の人もきっと悲しんでいるはずだ。

 

片親がいなくなると金銭的な問題も絡んで精神的なダメージはかなり大きくなる。

自分も完全に回復した訳では無いが、他に苦しんでいる人が少しでも少なくなって欲しい。

自分にできることは何かないのか。

現実的に考えると、お金も沢山持っているわけでもないし、普段は仕事をしているので実働面でもできることは限られている。

 

私が一番理解しているのは、親を亡くすことはとんでもなく辛いことで、家族以外の周りの助けがないとやってく気になれないってこと。

10年経ってもカウンセラーを頼っても辛さは残るし、苦しみは無くならない。

人のことなんて考えられる立場でないことも理解している。

 

だけど、何かできることは無いのだろうか。

(357/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中