ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

「合わない人は避けるが一番!」から気付いた「内向型人間」の生き方

昨日は「人の批判をする人」を見てストレスを受けたことを長々と書きました。 

 

書いてて思いました。

こんな人と一緒にいるくらいなら、独りでいたい!!!

ふいに「内向型人間」という文字が頭に浮かびます。

 

過去のWEB記事を思い出しました。

「内向型人間」は生きるため、つまり人間関係や日常のさまざまなことから生まれるストレスを取り除いて生きるエネルギーを再び手にするために「ひとりになりたい」と思うのです。

1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

正に私のことです。

「内向型人間」は物事を処理するのにより多くのエネルギーを費やし、貴重な蓄えをすぐに使い切ってしまうことがわかります。

内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイント | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

疲れやすさが尋常ではありません。

 

性格を「内向型」と「外向型」に区別するのは、心の要求を知るためです。私たちは自分が求めるものを知れば知るほど大事なものを見つけやすくなり、より「自分に合った」人生を送ることができるようになります

内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイント | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

「内向型」と認識することから私のより良い人生は始まるのかもしれません。

 

思い返してみれば、学生の頃は「内向型人間」として伸び伸び過ごすことができました。

授業は基本的に一人で受けて、人と一緒に受けたい時は図々しくも隣の席に座ります。

遊びも強制力なんて働かないので、本当に遊びたい時に遊びたい人とだけ遊べます。

サークルやゼミなど、否が応でも人と一緒にいなければいけない活動は全力で避けてきました。

 

一方で社会人になってから、自由度りました。

「うるさい」と思う環境で仕事をしなければなりません。

興味のない職場の飲み会にほぼ強制参加です。運が悪いと人の悪口を聞くことになります。

拘束されているので、一人になりたいと思ってもなかなか一人になれません。

 

問題解決は、課題を見つければ半分解決したようなものです。

日々感じる「何だか苦しい」「生きにくい」の原因は、「内向型」であることにあるのかもしれません。

 

ミニマリスト、内向型人間、ヒッピー、欲、チャレンジ精神、ポジティブ

 

自分を表すキーワードがすこしずつはっきりと見えてきた気がします。

(323/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

自分が正しいかどうかなんてどうでも良い。「より良くする」ためには何がベストなのか!が大切。

ウッス。

職場でよく聞くんですよ。

 

  • 〇〇さんは間違ってる気がする。
  • 私は頑張っている。今のままでも良いと思う。

 

相手の前ではニコニコしてますが

ぶっちゃけ・・・

 

はいはいはいはい!!!!どうでもいいい!!!

と思ってます。

 

 

誰が正しいとかどうでも良いんですもん。

 

例え、私が間違っていた場合、誤りを認めるのは苦ではありません。

一番苦なのは、感情に流されて「ものごと」ではなく「人」を批判することです。

「人」を批判することは、問題解決にも何にもなりません。

 

求めているのは「より良いもの」

 

「より良いもの」を作り上げる過程において、誰かの誤りを批判するのは時間が勿体ない。誤りをいち早く正し、正しい選択は何なのか話し合い、実現に向けて力を合わせることが一番。

 

時には自分がやってきたこと、信じてきたことを否定されることもあるかもしれません。しかし、それは「自分が否定されている」のではなく、その時の選択が誤っていたと。

それだけです。

 

人からの指摘に対して、直ぐに感情的になったり、悪口を言い出す人は、「人」と「人の意見・選択」を切り離して考えられていません。

誤りを指摘するのも必ずしも個人を攻撃するためではなく「良いもの」への道のりから反れてることを指摘しているだけなのです。

 

自分が頑張って作ったものを批判されても良いです。

時間をかけて作ったものにいちゃもんを付けられると気ずつきます。悔しい気持ちだったり、相手を憎む感情が生まれるのも確かです。

しかし、他者からの正当な批判(×ただの中傷)は「より良いもの」を作る過程では避けては通れない。むしろ、それを乗り越えてこそ得られるものだと信じています。

 

自分が正しいかどうかなんてどうでも良い。

「より良いもの」を目的に議論をすれば、人を憎むこともなくなるし、建設的な議論ができる。そう確信した一日でした。

(322/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

恋愛するの辛すぎてワロタwwww恋人欲しくて行動してるのに全部空回りして気付いたこと

はい。こんばんは!

8年間恋人いないJINです。

 

この私、5月ぐらいから恋人ほしいい!!!と思って行動してます。

周りの結婚ラッシュに刺激されたのでしょうか。そろそろ一人も寂しいなと思ったのでしょうか。

きっかけは分かりませんが、「恋人」という得体のしれないものへの願望は強まるばかりです。

オフ会やバーに繰り出し、気になる人はいないかとキョロキョロします。

 

うーん.。好みの人はいないな・・・

 

しかし、なんとしても恋人が欲しい私は思うのです。

「あの人でいっか・・・声かけて連絡先交換しとこ」

 

はい、失礼!!!wwwwww

何様なんでしょうね。わたし。

 

「あの人でいっか」としか思っていないので、渋々と連絡を取ります。

やり取りを続けても、何か面倒くさいなと思っていつの間にか終了しています。

そんなこんなで

「話しかける→連絡先ゲット→終了」というのを何度か繰り返してきました。

珍しく、向こうから声をかけてくれることもあるのですが「顔が好みじゃないな」と思ってシラ~っと流してしまいます。

何様なんでしょうね。わたし。

 

珍しく顔が好みの人に声をかけられた時には、テンション爆上げでした。

翌日、一緒に夕飯食べて、そのままバーへ行きました。

しかし、話を聞いていくと相手の経験人数が想像を超えていて、一気に食欲が失せます。

その後2カ月間、この経験がトラウマになって体調不良になります。

弱すぎwww

 

こうして書いてみると分かるのですが、私は何様なのでしょうか。

そして思うのです。

 

「何でこんなに恋人欲しがってるんだろう。」

 

そもそも私は、結婚願望がありません。同じ人とずっと一緒に暮らさなきゃいけないなんて「窮屈」に感じてしまうからです。

子供も欲しいとは思いません。既に生まれてきて何らかの事情で恵まれない子供も沢山いるので、社会的な義務として自分が生む必要も無いと思っています。むしろ、こういった子供のサポートをした方が良いのでは。

 

そんなこんなで、結婚を見据えたお付き合いは考えていません。

「一緒に楽しい時間を過ごす人」であれば、友達と変わらん?という結論に至ってしまうのです。

4月に事故のように一時的に恋人的な感じになった人もいましたが、「恋人らしくする」というのが重荷だったのと友達の方が一緒にいて楽だったので、すぐに別れました。期間が短いんのでノーカウントです。

 

恋愛ってなんすかね。

「恋人欲しい」と思って行動するってよりも、「恋は落ちるもの」っていう方がすんなり納得できる気がします。

 

ちなみに「結婚」は「一緒に生活していく人」を探すんですよね?

「一緒に生活していく人」だったら別に同性でも良くないですか?

この辺りの考え方は「結婚」「出産」を前提に出会いを求める人とは、結構ズレがあると感じています。

 

何にせよ得体のしれない「恋人」を欲しいと思って、結果も出ないまま空回りを続け、疲れてきました。

 

気付いたことは何か?

私は想像以上に人の顔で選り好みする人間だってことです。

今まで片想いした人は、見た目が抜群に良かった人もいるし、性格が好きだった人もいます。

友達を選ぶ時は見た目を気にしてないのに、「恋人」となるとここまで見た目を重視しています。

 

難しく考えすぎなのでしょうか。

みんな直ぐにくっついたり・・・意味が分かりません。

(321/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

【今からでも間に合う】年収300万円~500万のサラリーマン大注目!2000円で毛ガニ、黒毛和牛、国産うなぎを食べられる制度「その名は・・・」

ふるさと納税って聞いたことあります?

ほとんどの人が聞いたことはありますよね?

 

しかし、実際に利用したことがあるのは10人のうち1人だけ!(少なっ)

ふるさと納税を行ったことがある人は全体の10.1%

ふるさと納税、認知率はほぼ100%も実施率は10%にとどまる - なぜ? | マイナビニュース

 

少なっ!

 

ふるさと納税」って、仕組みがよく分からない!なんだか面倒くさい!と思っている方が多すぎるからです。

説明が分からない人のイラスト(男性会社員)

事実「納税」という単語を見るだけで、遠ざけたくなります。

 

そもそも「ふるさと納税」って何?という方もいると思うので、超簡単に説明します。

実質2千円の負担で2万円分~の御礼ゲットできる制度です。

※年収によってゲットできる御礼の値段が変わります。年収300万の方は約2万円分、年収400万円の方は約3万円分の御礼をゲットできます。詳細はのちほど。

 

f:id:ujin11:20171118000036p:plain

 

私も2年前までは「負担額2000円で2万円のズワイガニを食べれる」なんて胡散臭いと思っていました。

 

思い返すと勿体ない

そんな私が「ふるさと納税」を信じる様になったのは、職場で「ふるさと納税」をしている人が6人もいたからです。

f:id:ujin11:20171118000331p:plain

「本当に詐欺じゃないんだ」と実感しました。

 

昨年も職場の人に「ふるさと納税した?」と言われ、しぶしぶと「ふるさと納税」をしてみることに。

 

結果は大正解!

なんだこの簡単な手続きは!!!しかも本当に蟹が届いた!!!

 

 

 

 

という感じで、Twitterでも色んな人が呟いている通り「ふるさと納税」は怪しい制度ではありませんでした。

 

そもそも「ふるさと納税」は地方税法第37条の2(寄附金税額控除)に基づいて展開されている、国が認めている制度です。

ふるさと納税日本の個人住民税の制度の一つで、日本国内の任意の地方自治体(都道府県、市町村および特別区。以下同じ)に寄付することにより、寄付した額のほぼ全額が税額控除されるものである(ただし一定の制限や限度がある)。

ふるさと納税 - Wikipedia

 

総務省がサイトを運営しています。


さてさて、今日はここまで。

ここまで読んでくれた方は「ふるさと納税」って怪しくないかも!と思ってもらえたのではないでしょうか。

 

色んな情報があふれていて、混乱することもあると思いますが、基本的には「実質2千円の負担で2万円分以上のカニや黒毛和牛をゲットできる制度」と思って問題ありません。

 

次の記事では、「ふるさと納税」で何がもらえるのか?どんな申請が必要なのか?をめちゃくちゃ分かり易く説明していきます。

「次の記事なんて待てない!!早速申し込みたい!!!」という方は以下のページを参照して手続きを始めてみてください。

 

 

これは「さとふる」というサイトですが、「ふるさと納税」で検索すると色んなサイトが出てきます。

私にとって「さとふる」が一番分かり易かったので、ここで紹介しました。

 

この週末に「ふるさと納税」をして、年末は美味しい和牛かカニでも食べましょう~~~!

 

(319/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

「自由人」と言われた。悪口?そもそも自由人って何?

「自由人だね」と言われたら、これは悪口なのでしょうか。

 

職場で雑談をしている時「JINさんみたいな自由人、他にもいるよ〜」とサラッと言われました。

 

「自由人」って何!?と思ったので書いていきます。

 

自由人とは「自分勝手」という意味なのか。

いやいや、自分勝手なことは本当に少ないです。与えられた仕事は嫌がらずにやりますし、自分なりに全力で取り組みます。

他の人に迷惑をかけているという意味ではなさそうです。

 

ウィキペディアで自由人を調べると以下のような説明が出てきます。

「何ものにも強制されず自らの運命を自分で決めることができ、思いのままに生きる人もしくは人々。(奴隷と対置)」

 

「何ものに強制をされず」

!!!!!正にこれです!!!!!

学生時代も何かに強制されることが大嫌いでした。

勉強が嫌いなわけではないけどテスト勉強は大嫌い。

何故テストを受けなければいけないのか、何故暗記しなければいけないのか、と言い訳を並べて学校の勉強は手付かずです。

何でやらなきゃいけないのか分からないままだと苦痛です。

「点数取るのが楽しくてどんどん勉強した」なんて人の話が信じられない!

 

一方で、同じ勉強でも立てた目標の達成は楽しめます。

目的が明確であればあるほどやる気が出てきます。

 

でも、仕事では「仕事だから、金を稼ぐため」という揺るぎのない目的がある。

 

思い当たるのは「誰に対しても思っていることを言う」という点です。

上司にも言いたいこと言いますし、先輩が入らなくて困ってる上司の部屋にも何も思わず入っていきます。

 

あれ…これっていわゆる「ゆとり世代」ってやつでしょうか。笑

 

ただ、上司の顔色を疑って思っていることを言わないのは罪なことだと思うんですよ。悪口で攻撃するわけじゃなくて質問したり、考えを伝えてるだけなので何も問題ないことだと思うからです。

ただただ座ってるだけで何も意見しないのって何も意味なくないですか?

 

全然「自由じゃ無い」と感じることが度々あるので、「自由人」と言われるのは違和感がありますが、相対的に見ると「自由人」なのかもしれません。

 

自分が見る自分と、他人が見る自分は違いますね〜。

【要注意】採血で腕の神経を傷つけられた話。採血から「皮神経損傷」の診断を受けるまでの実録

丁度1か月前に、健康診断を受けました。

何も考えずに採血も受けたのですが、採血後から腕がビリビリと痺れ始めました。

その時の話を書いていきます。

 

 

元から採血が得意ではなかったので、この時も採血中は目を背けて、足をパタパタさせながら事が終わることを待っていました。

しかし、採血中からビリビリとする痛みが走ります。

「痛い」と呟きますが、「あともう少しで終わります」と2本目の採血の準備をされました。いつもとは異なるビリビリする痛みに耐え、採血が終わります。

 

少し時間が経った頃にも「ビリビリ」という感覚は残ったままです。

健康診断の担当者に症状をを伝えたところ「1週間経っても治らなかった場合は、連絡をください」と言われました。

 

ビリビリという感覚は突然やってきます。

ドアノブをひねる時<ビリビリ>

キーボードを打つ、ふとした瞬間<ビリビリ>

頭を洗う時<ビリビリ>

 

突然、<ビリビリ>と電気ショックに似た痛みを感じるので不快感がものすごいのです。

 

1週間後にも症状は緩和しませんでした。

とても心配に思いながら、医師からの説明を受けます。

 

5分程度の問診と触診の結果「採血による皮神経損傷」と診断されました。

他にされた説明はこんな感じ

  • 皮神経はとても細い。皮神経以外の太い神経は特に傷ついていない
  • 採血や注射で皮神経避ける方法は無く、運悪く傷つけることがある
  • 神経損傷の回復には4~8週間要する
  • 自然治癒しかない
  • メチコバール(ビタミンB12)という神経修復を促進する薬を2週間分処方
  • 稀に「ビリビリ」という違和感が残り続けることもある

 

処方された薬を飲み続け、1か月近く経過しましたが「ビリビリ」という症状はほとんど無くなりました。

後遺症も残らず、治ったようです。

 

しかし、本当に不愉快な1カ月間でした。

何が最悪だったかと言うと、何も考えずに右腕で採血してもらったことです。

右手が利き手だったので、「ビリビリ」を味わうことも多く、予測不能なタイミングで電気ショックを受けているようでした。

 

採血は何もリスクがないと思っていたので、こんなことになるなんて・・・

完治できたことは良かったですが、皆さんに是非知ってもらいたいです。

 

利き腕で採血は受けないで!!

 

(317/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

 

医療ミスでは?と思ったら読む本

医療ミスでは?と思ったら読む本