ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

3分で分かる「AI時代におけるAIと人文科学の可能性」『センスメイキング』の著者クリスチャン・アスビアウが語る

「AI時代におけるAIと人文科学の可能性」という講演会に参加してきたので、その時の内容を3分で分かるようにまとめました。

※あくまでも個人のメモであることを念頭に読んでください

 

参加日時:2019年5月29日(水)19:00~20:30

開催場所:立教大学池袋キャンパス 

講師:クリスチャン・マスビアウ

f:id:ujin11:20190613221227p:plain

 

クリスチャン・アスビアウさんの紹介

ReDアソシエーツ創業者、同社ニューヨーク支社ディレクター。 ReDは人間科学を基盤とした戦略コンサルティング会社として、文化人類学社会学歴史学、哲学の専門家を揃えている。マスビアウはコペンハーゲンとロンドンで哲学、政治学を専攻。ロンドン大学修士号取得。現在、ニューヨークシティ在住。

https://presidentstore.jp/category/BOOKS/002306.html

 

2018年11月発売の『センスメイキング ~本当に重要なものを見極める力 テクノロジー至上主義時代を生き抜く審美眼を磨け~』という本が丸の内のコンサル界隈でバカ売れしており、今回の来日に至ったとのこと。

センスメイキング

本当に重要なものを見極める力 テクノロジー至上主義時代を生き抜く審美眼を磨け

ってワクワクしつつも、中二くさい売り文句だなと

 

著書の内容も少し紹介

本書のテーマは「人」である。もっと具体的に言えば、文化に光を当てたものであり、我々の時代の揺り戻しを描いた書籍である。今や人々は、STEM(科学・技術・工学・数学)や「ビッグデータ」からの抽象化など理系の知識一辺倒になっているため、現実を説明するほかの枠組みが絶滅寸前といってもおかしくない状況にある。世の中を数字やモデルだけで捉えるのをやめて、真実の姿として捉えるべきだ。いや、そもそも真実は1つしかないのだ。偽物の抽象化の世界を追いかけていると、人間の世界を感じ取る力を完全に失う重大な危険をはらんでいる。アルゴリズム全盛の今、我々の感性は麻痺しがちだ。

https://presidentstore.jp/category/BOOKS/002306.html

と、現在のSTEM、人工知能一辺倒の流れに疑問を投げる内容。

 

 

講演会の内容

・マスビアウ先生は哲学や政治学が専門だが、人間に関心の無い人が(人の行動を決めるような)アルゴリズムに携わることに危機感を抱いた
・人は「機械は何でもできる」と想いがちだが、過信は危険

「凄い凄い」と言われているアマゾンレコメンドからの購入率は10%程度)
・PCを使いすぎている人は数学の能力が劣るという研究結果もある
・Big DataとThick Dataを使いわけよう
Big Dataアルゴリズムのためのデータ、数値化できるもの。
Thick Dataは人が感じているもの、体験に基づくもの。(リベララルアーツで学べるのはこっち)
・Thick Dataは母数が少なくても、観察対象を深くまで知ることができる。母数は35名ほどで十分だが、
統計定期な優位性はない。インタビューする前に必ず仮説を立てて、インタビュー後に検証することがポイント。
・Big Data とThick Dataを融合して考えることが未来のあるべき姿であり、将来のAIは技術者と人文科学の専門家との共同によってつくられる。
補足:日本では、AI研究に人文科学系の専門家を必ず含めるような方針を策定中
・給与で比較した時に、新卒の待遇はコンピューターサイエンス出身者の方が多いが、中途採用の場合は上位10%は人文科学系出身者の方が3倍多い。
多くの親はデータサイエンスや工学といった「実学」を学ばせたがるが、リベラルアーツ(哲学、古典を読むことなど)を通して、「どう生きるか、どう決断するか」を考える力が養われる。これは、日々を生きる中で必要な力。人の生き方を考えることは、人間が得意とすること。人の生き方を理解せずに「決断」をすることは難しい。リベラルアーツは金持ちのためだけのものだと言われるが、実用的なものだ。

・単なるデータだけでは見えてこないことを理解することが大切。体験を通して全体像が見えてくる。地域、社会現象を真に理解できる。

・Thick Dataの重要性を証明する10の事例を紹介。LegoAdidas、高級車、トラック、など

例えばAdidasの事例。
マーケターは、どうしたら売り上げを上げるのか?を考えがち。
しかし、アディダスが他のブランドと異なり凄いのは、人が本当に必要としていることに気付いたから。
ある人が走る理由は、金メダルを取りたい、速く走りたいからではなく「ドレスを着たいから」
これは彼女を観察し、質問したから気付けたこと。
データだけを眺めていたら理解できなかった点であり、「速く走りたいんだ」というのはマーケターの思い込み。世界がどうなっているか、人の気持ちを理解していないと発見できないこと。(人文科学の領域)

 

余談:読書について
アスビアウさん自身は、1週間に10冊の本を読んでいる。アメリカ大統領ですら1週間に3冊は読んでいるので、一般人も読めるはず。
自社では、社員に対して「本を読むことを止めたら仕事を辞めろ」と言っているとのこと。

 

感想

・「中途採用は人文科学系の方が収入が多い」と。前世代はテックが浸透する前だし、要職についている年寄りは給与が高いだろうから、これを根拠に人文科学系の方が「稼げる」とは言い切れないのではないかな・・・

リベラルアーツを「実用的だ」と言い切っているのは衝撃的だった

・とはいえ、データサイエンスの知識も大切だということは再確認できた

【口臭予防】臭い玉を無くす方法テスト中(その2-Day1)

前回の実験終了から1か月経過 

この記事を最後に生姜茶を飲むことを止めた。

 

そしたら1週間ほど前からまた出てきてしまった。

 

・・・

やはり生姜茶を飲まなければならないのか。

ということで昨日から生姜茶を再開しました。

 

これは意外と良い結果がでそう。

 

【口臭予防】臭い玉を無くす方法テスト中(Day14)

生姜茶を飲み始めて気づいたら2週間!

 

気になる臭い玉はどうなったのか。

口臭はどうなったのか!!!?

 

びっくりの結果です。

 

無くなった!!!

無くなったよ!!!!

 

この実験中、ストレスのせいかありとあらゆるものを食べまくったし、

炭酸ジュースも飲みまくって糖分の過剰摂取も良いところだったけど!!!

 

臭い玉ができて喉に違和感を感じるのも無くなったし、

口臭も気にならなくなった。

 

 

 

 

臭い玉を無くすのは生姜茶だったんですね・・・

 

テスト開始2週間で結果が出てしまった気がするけど、

もう1週間ほど様子を見て、ブログにまとめます。

 

息スッキリ!

 

 

 

【口臭予防】臭い玉を無くす方法テスト中(Day1)

臭い玉って本当に悩みの種。

 

話す機会が多いと余計に気になります。

 

私も臭い玉に悩んでいたので、過去にこんな記事を書いていました。

要は「砂糖たっぷりのジュースを飲まなくなると臭い玉ができなくなった」という記事です。

 

臭い玉ができなくてハッピーな日々を過ごしていたのですが、この数カ月間、また悩み始めた。

ジュースはそれほど飲んでいないし、日々の歯磨きもバッチシ、うがいも沢山しているのに・・・

 

過去の記事では、

生姜茶だけで臭い玉の生成を防げるとは思いませんね・・・・

 と断言していましたが、「生姜茶を飲む」を実践してみることに!

 

 

題しまして

生姜茶を飲むと臭い玉は消えるのか!?

 

やることは「生姜茶を1日に2回飲む(朝と夜)」 以上!

 

本当にこれだけ。

 

その他のコンディションは、以下のように現状を維持します。

  • ジュースはほぼ飲まない
  • 飲酒はしない
  • お菓子をたまに食べる
  • ご飯は普通に食べる
  • 紅茶を1日4杯ぐらい飲む

 

 

今日は早速、夜に生姜茶を飲みました。

はちみつ入り。

 

先ずはDay1、特に変化無し。

2週間ぐらい続けてみれば結果が出るのではと思っています。

続報を楽しみに!

【1分で分かる渋沢栄一】新一万円札の渋沢栄一とは何者なのか!会社、功績、本、名言などなど

渋沢栄一って誰や!!!

新一万円札のニュースが流れてそう思った方、意外と多いのではないでしょうか。

 

新たな肖像画には一万円札に「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一

新一万円札「渋沢栄一」紙幣デザインを発表 5年後めど発行 | NHKニュース

  

「新一万円札に載る方だし、知らないのは恥ずかしい・・・」という方のために!

渋沢栄一とは何者なのか!をザクっとまとめました。

 

 

生い立ち

1840年 埼玉県深谷市出身

・実家(富裕な農家)のお手伝いをしながら、商業的な才能を開花させる。
14歳で一人で仕入れに出かけるようになり、ヨーロッパ時代の経済システムへの適応、「合理主義思想」の基礎を築く。

・19歳で結婚

・27歳でフランスに渡航しパリ万博を視察する。

・29歳の時に大隈重信に説得されて大蔵省に入省し出世するものの、大隈重信と対立して33歳退官。

・退官直後、官僚時代に設立を指導していた第一国立銀行(現:みずほ銀行)の頭取に就任。
その後、多種多様な500以上の企業の設立に携わる。
ーーーーーーーーーーー
設立に関わった企業は、東京瓦斯東京海上火災保険王子製紙(現王子製紙日本製紙)、田園都市(現東京急行電鉄)、帝国ホテル、東京証券取引所キリンビールサッポロビール東洋紡績など
ーーーーーーーーーーーーーー
・享年92

 

渋沢さんの「生い立ち」をより詳しく知りたい場合は↓がおすすめ。

今、正しく稼ぐ人は「渋沢栄一」が先生 | プレジデントオンライン

 

 

渋沢栄一の理念がスゴイ

渋沢さんのスゴさは、「日本全体を良くしたい」!という理念です。 

 

日本を支える500企業の設立に加え、約600の社会事業にも携わってきました。

一橋大学東京女学館日本女子大学早稲田大学二松学舎大学を設立
聖路加国際病院、東京慈恵医科大学付属病院、日本赤十字社などの設立にも尽力
・地方支援にも力を入れる。鉄道会社、ガス、電気などのインフラ関連企業に関わる。

 

「私利を追わず公益を図る」≒「みんなのために行動する」を徹底していました。

明治政府からも高く評価され、「子爵」という爵位を与えられます。

(他の財閥トップの爵位は、子爵の一つ下の「男爵」のみ)

 

私欲だけであれば、一つの企業を大きくしたり、利益を最大化することを考えますが、渋沢さんの行動指針はあくまでも「みんなのため」。

だからこそ、色んな企業、社会事業の設立に協力してきたのです。

 

渋沢さんの「理念」に関する詳細はコチラ↓が分かり易くておすすめ!

私たちはなぜ今こそ渋沢栄一の理念に学ぶべきなのか 現代の企業に求められる「開放的な経営」「論語と算盤」とは(1/6) | JBpress(日本ビジネスプレス)

 

 

渋沢栄一の本(ベストセラー)

 Amazonでベストセラーになっている2冊を紹介!

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

こちらは、渋沢栄一スピリットを学びたい人にぴったり!

日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。「利潤と道徳を調和させる」という、経済人がなすべき道を示した『論語と算盤』は、すべての日本人が帰るべき原点である。明治期に資本主義の本質を見抜き、約四百七十社もの会社設立を成功させた彼の言葉は、指針の失われた現代にこそ響く。経営、労働、人材育成の核心をつく経営哲学は色あせず、未来を生きる知恵に満ちている。  

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

 

 

 ②雨夜譚―渋沢栄一自伝 (岩波文庫)

渋沢栄一本人についてより詳しく知りたい方にはこちらがオススメ

激動の幕末維新を背景に、大実業家・渋沢栄一(1840‐1931)が疾風怒涛の青春を語る自伝。尊攘倒幕の志士→徳川家家臣→明治政府官僚と転身を重ねる著者の生き方は鋭い現実主義に貫かれた魅力をもち、維新変革をなしとげたエネルギーが生きいきと伝わってくる。実業家時代を概観した「維新以後における経済界の発達」を併収。

雨夜譚―渋沢栄一自伝 (岩波文庫)

雨夜譚―渋沢栄一自伝 (岩波文庫)

 

 

渋沢栄一の名言

<生き方について>

・できるだけ多くの人に、できるだけ多くの幸福を与えるように行動するのが、我々の義務である。

・人は全て自主独立すべきものである。自立の精神は人への思いやりと共に人生の根本を成すものである。

 ・もうこれで満足だという時は、すなわち衰える時である。

・全て形式に流れると精神が乏しくなる。何でも日々新たにという心がけが大事である。

・人は死ぬまで同じ事をするものではない。理想にしたがって生きるのが素晴らしいのだ。

・一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。

・そもそも多能は聖人の本色ではないとしても、多能なるくらいの種々の経験ある人にあらざれば真正の聖人となり得ざるべし。

 

<事業・仕事について>

・ただそれを知っただけでは上手くいかない。好きになればその道に向かって進む。

もしそれを心から楽しむことが出来れば、いかなる困難にもくじけることなく進むことができるのだ。

・信用はそれが大きければ大きいほど、大いなる資本を活用することができる。世に立ち、大いに活動せんとする人は、資本を造るよりも、まず信用の厚い人たるべく心掛けなくてはならない。

・事業には信用が第一である。世間の信用を得るには、世間を信用することだ。

個人も同じである。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。

・商売をする上で重要なのは、競争しながらでも道徳を守るということだ。

 

 

まとめ

ここまでくると、渋沢さんについてバッチりですね!

今の日本があるのは、渋沢さんのおかげと言っても過言ではありません。

多くの人が飲んでいる、サッポロビールキリンビールも渋沢さんのおかげ! 

 

 

ネガティブな話になりますが、今後5~10年間の日本経済、雲行きが怪しくなりつつあります。

 

「日本を良くしたい。皆のために貢献したい」という理念の元で多様な企業・社会事業の設立に関わった「近代日本経済の父」、渋沢栄一

渋沢さんを知ることで現代に生きる私たちがすべきヒントが見えてくるのではないでしょうか。

 

最後に渋沢さんの名言を一つ引用して締めくくります。

どんなに勉強し、勤勉であっても、上手くいかないこともある。これは機がまだ熟していないからであるから、ますます自らを鼓舞して耐えなければならない。

- 渋沢栄一

 

 

※この記事、1分で読み終わらないのはご愛嬌ということで!

「派遣 v.s. 派遣」を傍観した感想

職場には派遣さんがいる。

自分の仕事を一緒にしてくれる人達だ。

 

いつも感謝しているのだが、その気持ちに疑問を持つような出来事が起きた。

 

半年ほど前のこと。

 

新しい派遣さんがやってきたことが発端だった。

「エクセルができない」、「意思疎通がスムーズでない」など、一緒に仕事をする仲間としては、スキル不足。

完全にミスマッチな採用だった。

 

新しい派遣さんのせいで古い派遣さんの仕事が増えるような状況では無かったが、戦いが始まった。

 

古い派遣さんが新しい派遣さんを孤立させるために行動を始めたのだ。

色んな人に新しい派遣さんの悪口を言いふらした。

私もお昼に誘われ、悪口を聞かされた。

 

新しい派遣さんは3か月で契約終了。

この戦いも終了。

 

しかし、私は古い派遣さんを信用できなくなった。

人の悪口を言いふらして自分の仲間を増やそうとする姿を見てしまい、「人を操ろうとする人なんだ」と気付いた。

更には以前のような「感謝の気持ち」が一ミリも湧かなくなってしまったのだ。

 

今まで通り一緒に仕事をするが、古い派遣さんを見る目も厳しくなった。あんなに新しい派遣さんの悪口を言っていたが、古い派遣さんもミスをするのだ。

それまでは気にならなかったが、あの戦い以来、小さなミスでも目に付くようになった。

古い派遣さんとは2年間の付き合いで信頼関係ができていたのに、こんなにも簡単に崩れるものとは驚いた。

 

 

人の悪口は言わない方がよい。

その分、周りからの自分への評価が厳しくなる。

下手をすれば、信頼を失いかねない。

職場で溜まったストレスは、職場外でするのが安心だ。

 

そして、もう一つ。

人は信用して良いけど、心底信用する必要はない。

誰にも裏の顔はあるものなんだと。

 

残念な気持ちではあるが、人を見極めることの大切さを思い出す事件だった。