ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

【映画】『ライオン・25年目のただいま』のあらすじ・ネタバレ、感想

 ライオンという映画について書いていきます。

 

LION/ライオン ~25年目のただいま~ [DVD]

LION/ライオン ~25年目のただいま~ [DVD]

 

小言

内容に入る前に、邦題のサブタイトルにツッコミさせてください。

 

「25年目のただいま」

壮大なネタバレ!!!!

ネタバレ求めている人ならいいんですけど、これって25年後に家に帰れること分かりますよね?

 

いや~、タイトルにネタバレされているので、早速あらすじ・ネタバレしていきます。

 

あらすじ・ネタバレ

主人公は、サルーというインドの青年。

5歳の時に迷子になり、紆余曲折あってオーストラリア人夫婦に養子として引き取られます。

自分を探し続ける兄や母がずっと気になり、Google Earthを使って本当の家族を探し出す、という話。

 

更にこの映画は、実話がベースというので驚きです。

 

あらすじ・ネタバレの詳細や実話と映画との違いは「id:hisatsugu79さん」のブログで書かれているのでここでは省略。

 

 

感想

  • 邦題のネタバレがひどすぎる

この映画の見どころは「家族との再会」なわけです。

果たしてサルーは家に帰れるのか!?という点がミソなのに「25年目のただいま」って・・・

本当だったら味わえたであろうドキドキを返してください。

 

  • 養子を受け入れる両親

サルーには実の家族と養子にもらってくれた両親、二つの家族を持っています。

養子に向かい入れてくれたブライアリー夫妻は「子供を産める環境」にいました。しかし、「恵まれない子が世界にあふれているので自分が出産する必要はない」という価値観の元で「養子を向かい入れること」を選びました。

実の子のように、大切にサルーを育てます。

スー(オーストラリアでの母)は、子供の頃にアルコール依存症の父親からひどい虐待を受けていました。前述の価値観は「小さい頃に家族以外の誰かに助けてもらいたかった」という思いが反映されているのかもしれません。

 

  • 周りとの境遇の違いに悩む主人公

f:id:ujin11:20180101005530j:plain

f:id:ujin11:20180101005523j:plain

大学でサルーに彼女ができます。その彼女に吐くセリフです。

「何一つ不自由のないここの暮らし。吐き気がする。」

5歳までインドで「食うか食われるか」の生活をしてきたサルーにとって、オーストラリアでの暮らしは、全く異なります。

実の母や兄弟のことを思うと当然、彼らが「元気にやっているかな。ご飯食べているのかな」と気になるわけです。

更にこんな話を周りの友人に話したところで、誰も共感してくれません。

「誰も分かってくれない」という気持ちから、サルーは孤独を感じます。

 

  • 家族との再会

サブタイトルの通り、サルーは実母と再会を果たします。

お互いに抱き合って泣くのです。

サルーの母は、サルーの帰宅を信じて引っ越しをしなかったと言います。

このシーンを見て、思いました。

 

当たり前のようにお互いを探し合う。当たり前のようにお互いを思い合う。ここまでの想いを募らせる。

「家族」って何・・・

 

一言まとめ

「家族」って何なのよ。

よく「血も涙もない」とか「冷たい」と言われる私ですが、家族大好き人間です。

ここまで人間が家族を思うのって何故でしょうか。

血のつながりがあるだけで、お隣さんも同じ人間なのに。

 

(363/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中